個人間融資は人柄だけで審査をしているという事実

個人間融資は人柄だけで審査をしているという事実
ここが、本当にブラックでもお金を借りれる消費者金融です↓↓ ブラック融資

今ネットを見れば、ツイッターやインスタグラムなど、SNSが主流になっていることが良く分かります。

その中で、「個人間融資」という言葉が出ているのをご存知でしょうか?知っている人は知っているでしょうが、SNS上でやり取りをしてお金の貸し借りを個人間で行うというものです。

個人間融資などは、ブラックか否かではなく、安定した収入があり返済ができるか、というところに重きを置いています。

しかし、安定した収入があれば必ず融資してもらえるか、というのは別なようです。

実は、「丁寧に申込む」ということができれば、融資率がアップするという噂を耳にしました。

その理由をここで、ちょっとだけお伝えします。

個人間融資には、融資規則が無い!?

さて、個人間融資は丁寧に申込めば許してくれる、というのは何ともおかしな話です。

大手消費者金融の場合、実はコンピューターのソフトにさまざまなデータが入り込んでおり、その人の名前を入れれば、融資枠だったりブラックか否かということが分かるようになっています。

融資枠がある、ということが分かってからどの程度、融資するかというところが審査され、最終的に上の判断がくだったところで最終的な結果が伝えられます。

つまり、大手消費者金融の場合、融資担当者たちが勝手に

「この人は良いヤツそうだし、頑張りが認められる。10万円を融資…決定!」

とはできないわけです。だからこそ、駿河銀行が勝手に融資をしてしまったため、あのニュースでは大事件になってしまったのですね。

さて、スルガ銀行不正融資事件の話は置いておきましょう。

問題は、個人間融資です。個人間融資の場合、特に顧客の信用データが入り込んでいるようなソフトがあるわけではありません。

オリジナルで信用情報を作っている可能性はありますが、それはレア中のレア。

プロミスなど、大手消費者金融で働いていていた人間が、こっそりシステムを盗み出していたとかそういったことほかなりません。

まあ、つまりほとんどの個人間融資には、融資条件の規則が存在していないのです。

そのため、人的要因による決定権が強く、そこでムカつく依頼者は避けられる傾向にある、つまり人柄が重要視されている…ということをお伝えしたいわけですね。

個人間融資は、ブラックか否か調べられない!?

さて、少し話は戻りますが、個人間融資はブラックでも関係なく融資を受けられるところが魅力です。

しかし、そんなブラックの人たちなんかにお金を融資して大丈夫か?という不安な気持ちが出てきます。しかし、冷静に考えてみましょう。

個人間融資は、前述した信用情報機関にアクセスできる権限などがありませんし、個人情報データも持っていません。

勝手に他人の信用情報機関情報を覗き見れたとしたら、日本は終わりです。つまり、ブラックか否かというのは自己申請以外、分かる余地が無いということです。

「お金を借りてからすぐ、個人間融資の電話がかかってきた!」とか「自己破産したら、個人間融資からのラブコールがハンパ無いんだけど!?」など、そういった意見も出てくるでしょう。

まず、前者ですがブラックになった時、大手消費者金融で審査落ちしたから、別の抽象金融などに連絡をしませんでしたか?

中小金融とはいえ、ほとんどヤミ金と繋がっていると言ってもいいでしょう。

名簿屋という人もいますし、一度審査落ちしたり、そういったところに申込履歴がある方は、業界では「ターゲット」として知れ回るのです。

だからこそ、電話がなぜかかかってくるわけですね。そして、後者。

債務整理や自己破産など、分かるということは個人間融資などが調べられるのでは?と思うでしょう。

しかし、こういった人たちは政府が発表している「官報」といういわば、ブラック業界新聞のようなものに掲載されてしまうわけです。

スナイパーばりのヤミ金師は、日頃からこういった官報をチェックしているので、名前などを売ったりしているわけです。

ある程度のレベルまで、信用事故を起こしている方の場合、別ルートでバレている…ということが考えられますので注意ですね。

態度だけでも良くしよう!

さて、そろそろ本題に入ります。要するに、相手は信用情報機関などにアクセスできないため、人的な部分でチェックをするしかありません。

働いている、収入がある、ということをウヤムヤにしたり、異様に職場を教えるのを嫌がるなど、こういった怪しい人物は審査に振り落とされる可能性が大です。

一方、堂々と働いていると伝え、収入証明も社会保険も提出可能だ!と、言えれば個人間融資も信頼して、お金を融資してくれるのではないでしょうか。

こういったところを鑑みると、やはり人間的な優しさや意欲、ハキハキとしたコミュニケーション能力がモノを言うのではないか?と考えられます。

下手に、早く融資しろよ!とか、ブラックでも即日融資だろ!?などと悪態づくと、滞納したり、返済時にだだをこねだす問題児か?と思われるので審査落ちするのです。

大手消費者金融で、滞納などをしたり、多重債務に陥る人たちが多いですが、それは、大手消費者金融がデータだけしか確認せずに融資を行っているからです。結局、人を見極めれないので、信用事故が後々起きてしまうわけですね。自業自得です。

当サイトで紹介している個人間融資は、そういったバカげたことは一切しません。

本当に、純粋にお金に困った人を救うためにある個人の街金融です。ぜひ、心からアリガトウの気持ちを持ち、個人間融資を利用してみてください。

もちろん借り過ぎには中止が必要です。個人融資でお金を借りる場合はあくまでも自己責任で行かなければなりません。

個人間融資カテゴリの最新記事