個人金貸しでまともな貸主を見つけ出す手段とは?

個人金貸しでまともな貸主を見つけ出す手段とは?
ここが、本当にブラックでもお金を借りれる消費者金融です↓↓ ブラック融資

こんにちは。自宅警備隊です。

すっかり秋の空気になりました。夏もアッという間に終わり…また今年も夏らしいことは何一つ出来ずじまいです。毎日パチンコとお金の事ばかり考えている私はゴミです。

さて、そんなお金が無い私ですが個人の金貸し掲示板を上手に利用するためには、貸主をどう“見極めるか”が大切になってきます。

その理由ですが、一般的な個人間融資はヤミ金業者であり個人金貸しはその名の通り個人が貸主になっているソフトヤミ金だからです。

このようにソフト闇金が個人金貸しを名乗りますが、通常営業できなくなった寂しい人たちの集合体ですのでシカト必至。

では、ここでは個人金貸しできちんとした取引をするためのテクニックのひとつを紹介します。

個人金貸しは出会い系の様?

さて、個人金貸しや個人間融資などと検索すると、さまざまな掲示板やツイッターなどが出てくると思います。

しかし、中には性的交渉を目的に個人金貸しを利用しているという貸主がいるニュースなども出てくるでしょう。

“人身売買的な!?”と思ってブルっている人もいると思っている人もいるでしょうがそうではありません。

これは、ただただ肉体関係を持ちたいための男性が金を貸すからお前の体をよこせ…とある意味での、“審査無し融資”を求めているだけです。

例えば、芸能事務所の社長さんと出会った時にあの番組に出す代わりに一週間オレの相手をしろと言われているようなものであり、金と引き換えに…という感じだと思ってくれれば大丈夫です。まあゲスですが…。

事件にもなってニュースになっていました。このブログでも「ひととき融資」に関する事件を書きましたよね。

今ではひととき融資の他に、カリパコ融資などとも呼ばれているようです。

とにかくまずは、個人金貸しというのは出会い系サイトのように使われていることもある、ということを頭のどこかに入れておきましょう。

個人間融資の見極めポイントは?

さて、ひととき融資に関してはただお金を借りたいだけなのですから体で支払うのはおかしいでしょう。

絶対にそのような悪質な個人金貸しと連絡を取らないようにして下さい。

やはり良い個人の貸主さんは、「どんな仕事をしているのか」、そして「収入は安定しているか」「契約書は結ぶことができるか」などそういったことを聞いてくるだけの貸主を利用するようにしましょう。

そして重要なのが、“出会い無し”であるというところです。

出会いを必至にしてくる貸主の場合はその日に体を求められるというよりは、相手のビジュアルを見て今後の身の振り方を変化させていこうと考えているということになります。

借りる側目線で言えば、相手がおっさんだったら騙すことができるか否か。

そして貸主の目線では、女性だったら食い物にして体まで手に入れることができるか否か。

融資するにあたって、“こちらもあなたも安心したいだろう…”ということで出会いを求めてくる貸主だけには注意してください。

個人金貸しの魅力は、誰にも会わずに融資してもらうことです。

企業ではないのですから、無理に会おうとしてくるところは注意してください。

態度を変えてくる貸主には注意

もし、この貸主が危ないかも…と考えたらネカマ作戦及び、男性になりきるという作戦もあります。

良いのか悪いのか分かりませんが、SNSはいくらでもアカウントを自由に作ることができます。

個人間融資に申込をする際、男性と女性の二人の性格に分けて声をかけて極端に態度が違ったら要注意です。

男性の申込には徹底的に冷たくしたり誹謗中傷を浴びせてくるような、好戦的な態度を取る貸主もいます。

女性が申込んだら出会い無しと書いてあっても、近くならすぐに手渡しできるという理由で出会いたがったり、金利が異様に安かったり、そういった態度の大きな違いが分かるような貸主は徹底して排除すべきです。

良い貸主は冷たくビジネスライク?

実は、個人金貸し・個人間融資というとアットホームな雰囲気の金貸しに見えますが、実はそういった人は危ない人も少なくありません。

相手の懐につけこんで来るような、ちょっと危ない人も少なくないのです。

実は、個人金貸しで選ぶべきはビジネスライク(事務的)で冷たいような金貸しです。

誰に対しても態度を変化させず基本的にドライ。

逆にこちらか会いたいと言っても会ってくれない、かたくな態度を貫く人。

こういった貸主の方が、実は個人金貸しではまともな取引ができるわけです。

甘い言葉に騙されてはいけません。

個人金貸しだからこそ、人らしい性格の持ち主に引っかかりがちです。

しっかりと、ドライな貸主を見つけてそこで借りましょう。

但し、闇金業者には注意が必要ですよ。

個人間融資カテゴリの最新記事