まずはお金に困ったら、ここの個人間融資でお金を借りれる可能性が高いです。ダメ元でも一度審査に出してみると良いでしょう。

リボ払いと分割ローンの違いを考えてみた

僕はヤフーメールを利用しています。

無料で登録できますし、細かい設定など不要なので楽ですよね。

たまに意味不明にアカウントが凍結されたりもしますが、ヤフーメールを利用することがほとんどです。

しかしそのヤフーメールで、最近お金に関する事が多いんです…。

お金に関すると言いますか、銀行フリーローンの案内や、リボ払いについて…などの迷惑メール(笑)

しかもアメブロから、「リボ払いは地道に払わなくてOK」なるメールきます。

いや、突っ込みますけど、リボ払いは地道に払わなければいけません!

リボ払いは「リボルビング払い」って言いますが、銃のリボルバーってあるじゃないですか?

リボルビングって、回転するって意味があるんです。

リボルバーも回転式拳銃で、リボルビングライフルとも言うんです。

Revolving

なのでリボ払いのリボルビングと、リボルバー拳銃のリボルバーは同じなんです。

メタルギアソリッドのリボルバーオセロットも同じですね(笑)

そんなリボ払いですが、分割のローンとは少し違うんです。

分割ローンは、利息も含めた毎月固定の金額を算出して、毎月の支払額を決めます。

簡単に説明すると、僕は100万円の車を買いました。

分割です。

利息は年率10パーセント。

それを2年払いで買います。

てことは、100万円に対して1年間で10パーセントの利息。10万円です。

これが2年なので、20万円が利息になります。

てことは、合計で120万円。

これを2年(24回)で割ります。

120万円÷24=5万円

これで毎月5万円の返済となりますね。

2年間5万円を払い続ければ完了となるわけです。

でも高いですよね?無駄に20万円も利息で支払わなければいけないんですから。

つまり利息の1パーセントでも、大きな金額になってくるんです。

だから分割の場合は絶対に利息を確認するべきです!

1年の12回払いにするだけで、2~5年払いが無駄だと言う事がよくわかりますから!

ではリボ払いはどうでしょうか?

リボ払いには3種類あり、「定額・定率・残高スライド」があります。

この3種類にもまた別々の契約方式があるので説明すると長くなりますが、ざっくりいうと元金と利息は別々に考えて算出する…ということです。

例えばさっきみたいに考えると、100万円の車をリボ払いで買いました。

厳密に言えば100万円の現金をリボ払いで借りて、そのお金で車を買ってみた流れになるでしょう。

毎月返済金額は、そのクレジット会社で変わってきますが、最低1万円~だったとします。

すると、返済した1万円に対して、元金が6000円、利息が4000円と振り分けられます。

つまり元金が少ししか減らず、小さな金額で返済していても10年くらいかかってしまう事になるんです。

しかも追加借り入れも可能ですし、どんどん金銭感覚が麻痺してしまい、借金地獄へと陥ってしまう流れになってしまうのです。

自業自得と言えばそれまでですが、人間は甘えてしまう者が多く、社会問題なのです。

もちろん一括で大きな金額を返済すれば、利息は少なくて済みます。

リボルビング払いは一括返済が可能な収入がある人には向いていますが、安定したサラリーマン向けではないのです。

むしろ安定したサラリーマンの方たちは、分割式のローンの方が向いてますね。

まずはお金に困ったらここから借りてみよう!