まずはお金に困ったら、ここの個人間融資でお金を借りれる可能性が高いです。ダメ元でも一度審査に出してみると良いでしょう。

“悪魔のような自分でも借りれる繋ぎの金貸し”を利用しました!

こんにちは自宅警備隊です。

僕は悪魔の子です。

“おやおや、管理人お得意の妄想癖ですか?”と思われた方は勘が鋭い。

どれだけブラックでも即日借りれる繋ぎの融資についてチェックしているのでしょうか。

しかし、今回ばかりは嘘ではありません。

僕は本当に悪魔の子なのです。

いや、正直言ってこの糞ブログに訪れている方々の多くは悪魔の子だと思います。

ここでは、“悪魔のような自分でも借りれる繋ぎの金貸し”を紹介します。

今、絶対に知っておくべき金貸しですのでチェック必至です。

なんで悪魔の子?

皆さんは「悪魔」と聞くとどういったことを思い浮かべるでしょうか。

頭のてっぺんに猫のような耳が生えており、牙はむき出し、ガーゴイルのようなビジュアルの魔物…といった雰囲気でしょうか。

しかし、僕はいたって普通の姿をしています。

恐らく、その見た目からは悪魔というよりは天使にみえるかもしれません。

悪魔がプロレスラーである蝶野だったとしたら、僕は酒井若菜(古!爆!)さんのような柔らかく可愛らしい顔をしていますから。

しかし、ここでいっている悪魔は見た目の問題ではありません。

“金遣いの荒さ”なのです。

僕が悪魔中の悪魔である理由をお伝えさせてください。

ムダ金を使ってしまう

僕が悪魔である理由はとても簡単です。

それは、どんどんムダ金を使ってしまうところです。

世の中には意識高い系と呼ばれている方がおり、その人たちは最終的にムダなことは人生にはない…という意見で片付けて何でもチャレンジさせます。

一方で、時間をムダにするな…といってムダを排除しているのですから何をいっているのかわかりません。

まぁ、アナタも僕も客観的にみればムダだったことも今思えばよい思い出になっているかもしれませんし、そう考えればムダではなかったでしょう。

しかし、世の中には確実にムダなことが存在しています。

それが、ムダなものにお金を支払ってしまう、ムダ金使いです。

例えば簡単にいえば、コンビニでの買い食いです。

うちの親はコンビニが大好きで、自分がコンビニにいってくるといっても“余計なものは買わないように!”と怒られることはありません。

コンビニで超無駄遣いするよりも、ゴミの日にゴミを捨てないことの方が烈火の如く怒られたものです。

話を戻しますが、とにかくお腹がいっぱいだろうが何だろうが意味もなくコンビニで何かを購入してしまうのです。

酒も同様。飲みたいわけでもないのに、買うと落ち着くので複数本購入してしまうんです。

ストレス解消といえば聞こえはいいですが、ただの無駄遣い。

これを、悪魔の子の行いといわずなんというのでしょうか。

とにかく金を使ってしまう

また、僕が悪魔の子である理由のひとつに貯蓄ができない…というところも関係しているでしょう。

30万円くらい仮に月給が入ってきていたとしても、確実に月末にはすっからかんです。

それは、外で遊んでガンガン使ってしまうからです。

いいでしょうか、みなさん。人付き合いはとても大切ですので、そういった部分にお金を落とすことは悪いことではありません。

自宅警備隊ニートとは自称してますが、それはあくまでもこのブログに中だけのコードネーム。外に出るのは好きです。

しかし、冷静に考えると会う必要のない連中まで一緒に巻き込んで酒を飲み、何ら有益な情報を得られなかったとしても朝まで散財し続けてしまうのです。

要するに、“ほんじゃぁ、もう帰るわ。”ができないのです。

とても大切にしたい人であれば、最後まで付き合ってあげるのは大切です。

しかし、どっちでもいいゴミのような連中のために最後まで付き合いを続け、高額なタクシー代を支払って帰宅するというのは愚の骨頂といえるでしょう。

そんなことを3日一度繰り返していれば間違いなく貯蓄などはできません。

毎月、ギリギリどころか消費者金融を利用しているので赤字。まさに、悪魔の子だからこそやってしまう行為なのです。

ギャンブルは悪魔だができない

悪魔の子とお金が合わされば、当然ですがギャンブル狂というイメージがあるでしょう。

確かに管理人はギャンブルが嫌いではありませんが、じつはそこまでギャンブルに散財するタイプではありません。

と、いうかギャンブルに使う金がないほどに別のくだらないことに使ってしまうのです。

もう、ここまでくるとクズ過ぎて自分の情けなさに吐き気を催します。

悪魔の子でありながら、それを極めるためのギャンブルというところにすらアクセスできない……。

悪魔の中でも、相当底辺レベルにいるゴミクズ男であることはいうまでもないのです。

こんな悪魔でも借りれるんだよね!

こんな生活を続けていれば、当然もうどこからもお金など借りれるはずがありません。

世の中の金貸し全ての敵と認識されていても、別に悲しくともなんも思わなくなったほどです。

しかし、冒頭でお伝えした通り悪魔の子であっても借りれる金貸しがあるんですよね。

それが、文末部分にリンクされている、“悪魔のような自分でも借りれる繋ぎの金貸し”なのです。

きっと、これを読んでいる読者さんも悪魔の子であることは間違いありません。

だからこそ、すぐに借りれる繋ぎの金融を探しにきたのでしょう。悪いことは言いません。悪魔の子は、もう一生悪魔の子です。

諦めて、“悪魔のような自分でも借りれる繋ぎの金貸し”を利用し、悪魔なりの生活を満喫しようではありませんか。

まずはお金に困ったらここから借りてみよう!