まずはお金に困ったら、ここの個人間融資でお金を借りれる可能性が高いです。ダメ元でも一度審査に出してみると良いでしょう。

2020年の甲子園中止から見る個人融資

夏の風物詩といえば、甲子園(高校野球)です。

全国47都道府県の数万人の高校球児が持ち得る力を最大限活かし、「高校野球」の頂点を目指して戦いを繰り広げるという胸熱過ぎるイベントです。

しかし今年、中国からやってきた未曾有のウィルスによって世界中が困惑。

結果、第2次大戦の中断は別として、史上初めて春夏の甲子園大会が無くなってしまったのです。

実はその裏側で、個人融資の金貸しの流行が起きていました。

個人融資とは一体、どんな金貸しなのでしょうか!?

管理人は野球部出身!

管理人はブログ内で自宅警備隊ニートなどと呼び、まともな人生を歩んでいるような人間ではありませんが、なんと小中と野球部に入って努力をしていました。

小学生の頃には野球部のキャプテンをしており、将来は絶対にプロ野球選手になりたい…と思ったほどです。

(金属バットではなく、木バットで試合に出ていたくらいですからね)

しかし、小学六年生の最後の試合で地区大会に優勝した後、少しダメな自分が出てしまいました。それが、ミスチルとの出会いです。

ミスチルとは、Mr.Childrenの略称であることは理解できると思いますが、自分が子どもの頃にちょうど全盛期だったんですよね。

「花」とか「名もなき詩」、「シーソーゲーム」。とにかく、テレビにも出まくって神格化された状況の頃に出会ってしまったわけですから、そりゃあ頭いかれます。

アルバム「深海」を購入し当時の桜井氏に憧れロン毛に。キムタクではありませんよ。野球を中学で終了し、ミュージシャン気取りでやっていたわけです。

地獄の中学野球

野球の思い出は中学に入った頃。とある事件が起きます。

その頃、帰宅部はダサくてキモいというイメージが根強く残っていたころから、自分は野球部以外の選択肢がありませんでした。

昔はプロ野球選手になりたかったのですが、今ではミスチルです。

とはいえ、軽音楽部などがあれば別ですがそのような本格的な音楽系部活は高校からですので仕方が無く野球部に。

これが運のつきでした。

先輩はゴミのようなヤンキーだらけで、髪の毛の長さをめちゃくちゃ文句言われるわけです。

結果、ミスチルだった管理人は坊主に早変わり。

髪の毛がおかしくなったことで、初めて自分は泣きましたね。

その後、どうにか持ちこたえてレギュラーに。

3年生の頃にも努力をして、3年間野球部を全うしたものです。(高校生からはバンドを始めました)

本気でやっている人たち

高校生になった管理人。

最初は勧誘的なあれで、名ばかりカッコいい空手部に入ったのですが、先輩たちがていたらく過ぎて活動はほとんど休止状態。

コンビニバイトも始めたのですが、当時は万引きし放題だったのでもはやプロ野球選手なんて1ミリも考えていない人生となりました。

彼女もできたので奇跡的に股間について考える時間も多くなり、ミュージシャンしか目指す意味がないとなってきた始末でした。

そんな中、高校3年生の頃にクラスに野球部が3人ほどいました。

バカでしたが、野球に真剣で甲子園を目指していたことが今も思い出されます。

甲子園に出れば報われる…。

夜遅くまで真剣に練習を重ね、来るべき日に向けて努力をし続ける姿勢は堕落した自分の目にも美しく見えたものです。

本気の目標は違う!

うちの高校は弱小系だったので3回戦くらいで負けてしまうわけですが、それでも地方大会ではクラス全員が応援してアウト&ヒットに一喜一憂していた記憶があります。

ただ、コレは負ける前提の学校ですしプロになろうなんて思っている選手はいなかったのではないか、と今思うと考えられます。

通用しない…ということはよくわかっていたのだと思います。

今回、甲子園が中止になったことで考えられることはひとつです。

世の中には甲子園に出ることが当たり前と思われている球児がおり、さらに甲子園で決勝まで進めなければ面汚しと思われるような高校もあることです。

しかし、その後の栄光の花道は約束されています。

プロ野球のスカウトはもちろん、大企業に推薦入社、スポーツクラブ系でも活躍できることでしょう。

あの名門校で甲子園に出たことがある…というのは、相当すごいことですからね。

しかし、2020年の高校生たち。

その夢が全て、“泡”となって終末を迎えることになったわけです。

本気の人たちが人生を賭けて突っ込んだ大会が中止。

この絶望は半端ではないでしょう。

地元の弱小県立高校が甲子園に出て勝つ!などというストーリーが大好きな私は野球留学と言われる制度に反対なのですが、日本全国いる野球留学者たちは相当な絶望に押しつぶされたことだと思います。

個人融資が人気のわけ

個人融資は、別に甲子園に出たいと思っていた球児たちがお金に困って借りているわけではありません。

そもそも法律上、未成年は融資できませんからね。

(※親の同意があれば18歳以上は融資ができる)

そうではなく、夢をつぶされてしまった貧乏なブラックたちが、その気持をくんで借りている貸金業者なのです。

高校球児たちの辛い気持ちが痛いくらいわかる。自分も夢を持っていたが、結果的にダメになってしまった…。

だからこそ、今金借りたい!こういった思いを持っている人たちがたくさん集まっている、それが個人融資なのです。

皆さんも、夢を見たことが一度や二度あるはずです。そして、それに向かってがむしゃらに自慰行為も行わずに対峙していた、そんな時代があるはずなのです。

個人間融資。あなたの夢を絶対に叶えてくれる奇跡の金貸しです。

以上くだらない文章でしたが甲子園中止から見る個人融資についてでした!

まずはお金に困ったらここから借りてみよう!