個人間融資を使ったら人生の価値観が変わったんですよ

個人間融資を使ったら人生の価値観が変わったんですよ
ここが、本当にブラックでもお金を借りれる消費者金融です↓↓ 個人間融資

【投稿者:競馬予想のプロユーチューバーを目指したが頓挫した男ボウイ】

今、皆さんは暇ですか?

僕は何かとネット上で仕事がたくさんあるのですが、面倒だから手を出さず暇をしています。

今しなければ、人生が終わってしまう…こういった状況であれば、少しは気にして仕事をするものですが、別に今直ぐしなけれいけない…という仕事に関しては手を出さずに放置するのが人ってもんです。

さて、暇な時に皆さんは何を考えるでしょうか?

僕は、やっぱり競馬で軽く儲けて回転寿しに行く!ということです。

でも、そう簡単ではありません。

個人間融資を借りる前にギャンブルっちゃう!

冒頭、暇ですか?と聞いたのですが、暇であれば競馬に競艇にパチンコにパチスロ!

それしか能がない自宅警備の僕です。

しかしギャンブルをするにはお金が必要です。

競馬で負けすぎてお金が無い…、とにかくお金が無い。

でも消費者金融では審査落ち…。やばいやばい。

そんな時に、個人的には「個人間融資」を利用してみれば良いじゃん?と、思っています。

当サイトで紹介している個人間融資は、お金を借りるのであれば最適な場所ですし、利息もトイチやトニではなく、普通の中小金融と同じ程度の金利です。

言ってしまえば闇金みたいな街金と比較したら最高峰のサービスを展開している、と言っても過言ではありません。

しかし、僕のような暇な人間はなぜかギャンブルをしてしまいます。

まあ、ギャンブルと言ってもカジノや麻雀などの賭博ではなく、もっぱら競馬です。

競馬は手軽でいいですし、ほぼ運ですのでラクチンです。

どうしても、個人間融資に電話をしたり、ネットから申込む手間を考えると、ギャンブルをやっちまうのです。

時間がかかるのがたまらない!

競馬は結果が出るまで時間が多少かかる、というのが興奮度を高めます。

かなり昔、海外の大学で猿をターゲットにしたギャンブルの研究が行われたのですが、待っている時の期待感が関連する時のドーパミン分泌量がとてつもなく高かったようです。

つまり、“もしかしたら、これ一攫千金狙えるか!?”

という時間が我々には必要なわけです。

パチンコも確かに、何となく大当たりを期待させる演出がありますが、そんな数十分もありません。

むしろ、結果が出るまでに15分以上かかったら途中で飽きてしまったり、その現場を見られてヤ○ザ屋さんに“兄ちゃん。悪いこたあ言わねえ。1000円で手を打つかい?”と言われておしまいです。

お母さんにお小遣いをもらえないから、不良っぽいことをしてやるぅぅ!ってな、ネトゲと2ちゃんねる内にしか居場所が無い、前髪分厚いメガネ野郎は速攻でブルって逃げ出してしまうでしょうね。

話が、韓国側のレーザー照射への意見並みにぶっ飛びましたが、とにかく、競馬は結果が出るまでに時間がかかるからこそ、燃えるということです。

外れたのに次を狙う

競馬は、外れても毎週土日に必ず数レースが開催されます。

地方競馬も合わせると、ほぼ毎日レースを探す事ができるのです。

パチンコのようなギャンブルは、ある程度の運は必要ですが、それでもテクニックや勘などが重要です。

パチプロという言葉があるくらい、あの人たちはギャンブルでいう職人たちなわけです。

しかし、競馬はほとんど運です。

競馬新聞を読んだり、競走馬の系統を調べたり、騎手についてマニアになったり、さまざまな研究材料はあるでしょう。

統計や血統であーだこーだというビッグデータを用いて賭けるのいいですね。

しかし、それでも運の方が強いわけです。

競馬に絶対はないのです。

みてください。

2019年5月26日。

まさに昨日です、日本ダービー。

競馬ファンにとっては有馬記念よりも、競艇賞金王よりも、熱いレースです。

圧倒的1番人気のサートゥルナーリア。

ぶっ飛びましたよね。

数億円、数千万、数百万、数十、数万円、ボロ負けした人が日本中にものすごい数がいるのですよ?

僕も当然、1番人気から順当に買っちゃいました。

オッズで買ってはいけないのです。オッズに騙されてはいけません。

パチンコや競艇、競輪、麻雀は人が操作できますが、競馬はその名の通り、馬です。

どんな催眠をかけようが、レース中に馬が腹を下して下痢すれば、全ての計画がオジャンです。

騎手と馬との相性も悪ければ、馬が変に興奮してサートゥルナーリアのような死亡レースになるのです。

 

「そんな、不確定要素が多過ぎるギャンブル、何が楽しいのか?」

 

と思われる方もいます。

しかし、だからこそこういった思いになるのです。

 

「外したのは、オレのせいではない」

 

つまり、次のレースにその負けを取り戻そうとしてしまうわけです。

これは、もう止められない性です。

そして、5000円でも儲けた時には超絶ハッピー!

回転寿しで、うにといくらを頼んで、もうその日はそれ以上の幸せが要らなくなるわけです。

個人間融資を使ったら、人生の価値観が変わったんですよ

さて、そんなことを言うと、僕は個人間融資を宣伝するのではなく、競馬の方が楽しくてたまらない、ということを伝えているように見えます。

しかし、そうではないのです。

この前、あまりにも暇だったのですが、メチャクチャ下痢をしていたのでウィンズに行くことができませんでした。

そこで、面倒ながら個人間融資に申込をして、ギャンブル的に融資されるか試してみたのです。

すると、審査が始まって数十分後、なんと10万円が振り込まれたわけです。

なんだこれ!?競馬で10万円稼ぐってどれだけ難しいか分かる!?と、思い一人で部屋でビリーズブートキャンプの膝を使ったトレーニングを始めてしまいました。

でないと、落ち着かないくらいだったのです。

もちろん、返済しなければいけませんし、ギャンブルとは違ったタイプのお金の作り方です。

しかし、この10万円を手にした時、回転寿しに行こうとは思わず、社会貢献をしたくなりました。

なぜですかね?

同じ金なのに、とても大切に使いたくなったのです。

ひとまず、僕は個人間融資で10万円を借りたので、花と土、スコップを購入して市役所の前に花壇を作ろうと出かけました。

もちろん、警察に呼ばれて職務質問。

「おいらは自宅警備隊!」

って叫ぶと、任意で署まで同行と言われました。

事情聴取。

でも、借りたお金で正しい行動をしようとした!ということで、咎められることは無く帰宅できました。

今までギャンブルに狂っていた僕ですが、この個人的借り入れのお陰でボランティア精神に目覚めました。

無駄にお金を捨てるような、競馬のような馬鹿な真似はもうしません。

じぶんの為ではなく、人の為に、社会の為に、お金を使っていきたいものです。

あ、その警察署帰りに、さっきまでいたウインズの横を通ったのですが、そこにいるオヤジたちの汚らしいこと…。

外ではツバを吐き捨てて、酒と馬券を片手に怒号が聞こえていました。

警察さんはそいつらの職務質問をすればいいのに…と思いましたね。

僕はその場から逃げるように走って帰宅しました。

個人間融資カテゴリの最新記事