まずはお金に困ったら、ここの個人間融資でお金を借りれる可能性が高いです。ダメ元でも一度審査に出してみると良いでしょう。

個人間融資=闇金!利息の先引きについて考える

どうしてもお金が借りたい、という時に忘れてはいけないのが個人間融資の存在です。

個人間融資は、私たちのようなブラックたちに優しく、そして美しい世界を見せてくれる潤わしの消費者金融(貸金)です。

しかし、その多くは詐欺的な取引を強要してきますし、最悪な結末をむかえている利用者も少なくないのが実態です。

そんな個人間融資で今話題となっているのが「先引き」と呼ばれている制度です。

つまり、先引きとは無登録金融業者が行う事であり、それを世の中では「闇金」と呼びます。

金融感覚に優れている友人たちも、個人間融資の先引きは美しくない…と、伝えています。それは、本当なのでしょうか。

金融における先引きとは?

そもそも先引きとは何なのでしょうか。先引きは読んで字の如く、融資をする前にその金利、手数料を天引きした分を融資することです。

例えば、10日で三割の金利を取る悪質な闇金まがいの個人間融資について考えていきましょう。

「あり得ない、高い!美しくない!」と、思われる方もいるでしょうが、ほとんどの闇金である個人間融資がこの制度で融資を行っているので諦めも肝心です。

それについては後述しますが、もし10万円を融資してもらう場合には先引きということで、3万円は利息分として先に取られてしまいます。高いですよね。ありえません。

そして、大抵の場合は手数料が発生しますので、それで3000円が先引きされると考えられます。

つまり、10万円を融資してもらうために、先に33000円を先引きされた67000円が手元に残る、ということになります。

もちろん、10日後で返済するのは10万円ですので、個人間融資としては何ら悪いことをしていないことになります。

10万円お金を貸してあげたのだから、10万円返してね、と。

とはいえ、10万円を借りたかったのに、67000円しか手元に残らないとなると、大損したような気持ちになります。

何となく、気分も悪いですよね。

10日後に10万円。先引きのおかげで甘えが無くなる?

しかし、先引きが美しくないという友人には悪いのですが、10日後に10万円を返済しなければいけないというのも、貸した側のリスクを考えると納得かもしれません。

そして借主も、先引きしてくれたおかげで余計なお金を使わなくて済んだと考えることも、少なからずできなくもありません。

例えば、友達が10万円を融資してほしい。と言ってきました。

きっちり10万円を借りないと、人生の全てが終焉を迎える。

こんな人生だったとしたら、個人間融資や闇金に文句を言うのではなく自分を見つめ直すべきでしょう。

だいたいこういう人たちは、10万円を借りても大抵は遊びに使うか、生活費では数万円程度が本当に必要なお金でしょう。

お金を借りる人の大半はギャンブルと言っても過言ではありません。

私も経験者なのですから。そして私のようなブラックの場合、余計なお金を融資されると、その余計なお金を使ってしまうわけです。

そして、10日後に本当に返済しなければ行けない時に別のお金が必要になってきます。

本当は返済できたのに、その給与分を別のところで使ってしまうわけです。

ブラックで個人間融資で借りるような方が、10日後にきっちりと100000円を返済できる、そんな能力があるのでしょうか。

それを考えると先引き融資をされると、自分への甘えが少しは無くなるような気がします。

先引きナシだと怖いことも?

さらに、ここで注意したいのが先引き無しだと分割で支払え、と言われてしまう可能性があるということです。

要するに、10万円という金額を返済できないことを悪徳個人間融資の場合は良く分かっているため、では来月に半分、という感じにしましょう…といって分割返済を迫ってきます。

「え?それって、すごくラッキーじゃん?う、美しい…」

と、僕の友人も感動することでしょう。

しかし、ここで注意したいのが、それって余計に利息を支払うことになる可能性がある、ということです。

そもそも10日に3割ですから、月計算にするととんでもない金利です。

結局、半分減ったのは元本分というより利息分程度になるため、繰り返すごとに元金が1円も減らない負のループに陥ってしまうのです。

先引きであれば、手元に残らないのでバカなことには使えませんし、返済日も融資分だけの返済ですので、あまり悔しさも心理的にありません。

美しいのは、どっちだ?ってな話しなのです。

そもそも利息もおかしいけどね

先引き無しより、トサン、トニなどの金利で融資を行う業者であれば、先引きもアリという考え方がアリでしょう。

しかし、ここで大問題が発生しています。

そもそも、トニやトサンという金利がおかしいですよね。

僕個人としては、優良個人間融資の定義は、「一般的な中小金融と同じレベルの融資方法」としています。

金利も20%程度であり、月に一度の返済サイクルです。

それであれば、安心して長い期間融資してもらえるはずですよね。

そして、許容範囲個人間融資というのが、先引きや金利もトニ、トサンですが完済を必ずさせてくれるところです。

もし、最悪な場合はこういったところでも問題ありません。

返済能力があれば、長く付き合っていくことができますからね。

問題は、トニ、トサンといいながら先引きもあるのか無いのか、いっこうに返済してくれないような個人間融資です。

こういったところに捕まってしまうと、もう後がありません。

地獄に落ちるだけです。当サイトで紹介している個人間融資は、優良です。

別に特別な取引を強要してくることはありません。

普通のところなので、安心して利用してみてはいかがでしょうか。

まずはお金に困ったらここから借りてみよう!