ひととき融資?個人間融資掲示板で知り合った女性と肉体関係

  • 2019.07.26
ひととき融資?個人間融資掲示板で知り合った女性と肉体関係
無職でもお金借りれるサイトを発見した
↓↓↓ 個人間融資

ひととき融資。

この言葉を聞いた事がある方は、多くはないだろう。

ひととき融資という言葉を知らない方の為に、簡単に説明させて頂く。

ひととき融資とは、セックスをする「ひととき」と、お金を借りる「融資」をかけ合わせた造語である。

そんな「ひととき融資」なのだが、そもそも金銭的に困らなければ、「お金を借りたい」などと検索することもまずない。

一般庶民でもお金に困らないよう計画的な生活をしていれば、お金を他人から借りる…つまり「融資」を受けることはあり得ない事だ。

教育の一環で、私も親から「他人からお金は借りるな、お金を貸すな」と厳しく言われてきたものだ。

しかし今の時代、誰でも簡単にネットを利用できる時代になった。

携帯電話からスマートフォンへ進化し、日本社会の根幹が崩れつつもあるだろう。

そんな中、生活が派手になり娯楽(ギャンブル)も当たり前になり、お金を使いすぎてしまう方も急増している。

そして、簡単にお金を借りたいという気持ちから、ネットサーフィンで様々な検索をするようになるのだ。

最初は、ネットでお金なんか借りるものか!なんて思うのだが、お金に困った時間が長く続いてしまうと、徐々に感覚が麻痺してくる。

今日は、その「ひととき融資」に関する逮捕事件のニュースを発見した。

ネットで探せば一目瞭然なのだが、今回は当サイトが面白おかしく且つ真面目に紹介したいと思う。

大阪の千早赤阪村元職員がひととき融資でタイーホされた

大阪府南部にある、ほぼ奈良県寄りの「千早赤阪村(ちはやあかさかむら)」

この自治体である元職員が、「金を貸す代わりに性行為を要求」という、なんとも卑猥なニュースが私の目に飛び込んできた。

2019年で36歳になる、藤田祐という男性だ。

藤田祐被告

 

見た目は、「坊主にした峯岸みなみ」にそっくりだと感じた。

 

この藤田被告は逮捕、起訴されたようだが、記者の質問には一切答えなかったようだ。

裁判では起訴内容を全面的に認めた。

この坊主職員峯岸みな…いや、藤田被告は、貸金業の許可を持っていないのにもかかわらず

女性数名に合計33万円を貸し付けていた。

うむ。

たったの…33万円だ。

この藤田被告と被害女性との出会いは、インターネットの掲示板だそうだ。

とまあ、ここまでは普通に個人的なやり取りで33万円のお金を貸し借りをしただけである。

数百万でもあるまいし、相当の利益を得ていたわけでもない。

一体何が悪い?と思える事案でもある。

しかし問題は、なんとこの峯岸

「僕からのセックスの誘いを断ったら利息5000円上乗せ」

「返済に遅れたらひととき(セックス)」

など、たったの数十万円のお金を貸しただけで、女性を上から目線で性処理道具とみなしていたのである。

まさに、卑猥だ。

男として気持ちは分からなくもないが、僕は女性を見下す男は大嫌いだ。

男峯岸も女性を大切に扱っておけば、チクられることもなかっただろうに。

しかも、なんとお金を貸して欲しいと申し込みがあった中には、16歳の少女もいたのだ。

そして16歳の少女に「1万円でセックスどう?」と言い、オッケーを貰い16歳のJKとセックスをしたのであった。

皆も思ったであろう。う、う、羨ましい…と。

いかん。煩悩に負けるな。

青少年保護育成条例。法律で決まっているのだ。

いや…正直1万円で未成年とのセックスを考えると、羨ましいとも思えた自分が情けない。

さぞかし被害者である16歳の少女には、藤田祐が峯岸みなみの男性ヴァージョンに見えたのかもしれない。

峯岸みなみと言えば、AKBフォーティーエイトの1期生である。

2019年現在、現役のAKB1期生は峯岸みなみしかいないのだ。

まさに生ける伝説と化している。

16歳少女にとって、憧れの峯岸。

その男ヴァージョンなら、ひとときも考えられたのだろう。

これがまさに、ひととき融資であった。

中には、ひとときを通り越し、「ふたとき」というニュージェネレーションの言葉も生まれたそうだ。

ふたときって…

どないやねん!

私は心の中で叫んだのであった。

ひととき融資の逮捕事件まとめ

ニュース動画をここにアップすることもできるのだが、それでは面白くないので紙芝居風に画像を張り付けていこうと思う。

ひととき融資ニュース

abemaTVがニュースをやっていた。

凄い。

この女子アナは、相当なバキュームフェ〇チオなのだろう。

このひととき融資の峯岸事件について、abemaTVニュースのインタビューがあっていた。

ひととき融資事件

「ひととき融資、聞いたことありますか?」

日本人の若い女性は、いつから韓国が大好きになったのか。

韓国人メイクばかりである。

ひととき融資

このインタビュアー、少しハニかんでいるようにも見える。

不謹慎だ。

ひととき融資を女子にインタビューし、笑っている。

聞かれている女性も、まんざらではない表情に見受けられた。

ひととき融資…

勃起。

ひととき融資

こんなに簡単に尻軽女性と出逢えるのか?

僕にはムリだ。

そもそもこの峯岸は、ツイッターや掲示板で女性と出逢ったのだろう。

僕はTwitterをやらないので良く分からない。

こんな簡単に出会えるのなら、婚活にも役に立つのだろうか…

ふたとき融資

とにかく、軽率な性行為は絶対に駄目だ。

エイズには気を付けてほしい。

コンドームは絶対に必要だ。僕は新車なので使ったことないが…。

そう言えば京アニ事件の犯人も、青葉の父親が不倫などでヤリまくり、相当デタラメな親だったようである。

子供を作るだけ作って放置。

劣悪な家庭環境が、あの青葉真司のような狂気殺人に繋がったのである。

やはり日本は日本独自の一夫一妻制を守らなければならない。

日本人は生まれながらにして両親が必ずいる。そんな素晴らしい国なのだ。

不幸な妊娠は、不幸の連鎖を呼び起こす。

ひとときも、ふたときも、軽率な出会いには気を付けてほしい。

次の画像は起訴内容だ。

ひととき融資裁判

何度見ても、峯岸みなみだ。

イケメンではないと思う。

ひととき融資で子供を無駄に作らなければ、不幸中の幸いである。

日本は少子化と言われてるが、そもそも経済成長し続ければならない理由はない。

立ち止まることも大切だ。

つまり自然と人口減少しているのだから、なにも無理に少子化がどうだ、高齢化がどうだなど、議論する必要はないのだ。

国会議員たちは我々国民の税金が給料となる。

つまり人口減少は税収が激減するという危機感があるのだ。

それを無理に今の1億3000万人に保つなど、無理がある。

むしろ日本は人口が多すぎる。人口密度が高すぎる。

オーストラリアの人口は2200万人だ。

イギリスの人口は6200万人だ。

こんな小さな島国である日本は、なんと世界第11位の人口である。

大国に負けるからと言って少子化を煽っている。経済成長が止まるからと言って移民を入れようとする。

全てが愚かな行為だ。

日本の人口は自然と今より半分ほどで丁度いいのだ。

そして都市集中ではなく、地方に分散させ農業を主要産業にするべきだ。

むしろ国を挙げて自然エネルギー政策、そして自給自足政策をするべきである。

人口減少、少子高齢化を煽り、不幸な子供は作るべきではない。

もう一度言う。

人口減少と言っているが、そもそもが日本には人口が多すぎるのだ。

だから少子化は悪いことではない。

人口減少は自然な事である。

国は少子高齢化、人口減少を煽るべきではない。

最後に、最後に直撃取材。

坊主を集めてみた。

坊主芸人

以上だ。

ひととき融資には十分気を付けていこう。

カテゴリの最新記事