まずはお金に困ったら、ここの個人間融資でお金を借りれる可能性が高いです。ダメ元でも一度審査に出してみると良いでしょう。

あおり運転事件をなくすための個人融資優良サイト?サングラス嫌いはこの金融を使え!

サングラスをかけているヤツが嫌い。

まぁ、そんな人もいるでしょう。

僕は個人的に自宅にいるのでサングラスはかけませんし、かける理由がないので嫌いでも好きでもありません。

ただ、似合っている人だったらいいのですがサングラスが似合っていない人やそれによって人に危害を与えるような人は嫌いですね。

そこでオシャレなメガネに変えてほしいと思うので、「サングラスをかけている勘違が野郎が嫌いな人でも借りれる個人融資優良サイト」を立ち上げました。

その理由を紹介します。

サングラスが必要なら腹立たない?

サングラスの本来の目的を知っているでしょうか?

サングラスは、その名の通りサン=太陽光線(紫外線)から目を守るためのメガネのことです。

なぜサングラスが生まれたのか…というと、欧米人は目が青く紫外線にとても弱いことからそれを守るために考案されたといわれています。

要するにサングラスをかけるべきは目が弱い欧米人であり、黒目がちなアジア人はそこまで必要はないのです。

また、目を守るためという意外に眩しさを軽減するという役割もあるでしょう。

アジア人でも車を運転していたり野球で外野を守っていたり、何らかの作業をするのに日差しが強いと作業が続けられない…など、そういった理由があるためサングラスを着用する場合もあるかもしれません。

こういった人たちはいわば、“必要に迫られて着用”している人たち。

そのため、僕はあまりその人を見ても腹が立つこともなく何も思いませんが、そうでない人にちょっと腹立っているわけです。

イキる人々

さて、ではなぜサングラス嫌いの方が増えてしまうのでしょうか。

そのひとつが、サングラスを関係していないところで“イキるため”に着用している人がいるからです。

テレビドラマや映画、さらにミュージシャンなどがサングラスを着用して格好つけているシチュエーションをよくみます。

何となく画になっていますし、そういった人たちなのでムカつきはすれどそこまでムカつきません。

そういった売り方をしている…ということですので、特にいやらしさを感じません。

また、芸能人が一般人に見つからないようにデカイサングラスをかけていますが、ビッグな人たちだった場合は仕方が無いですよね。

まぁ、逆に目立ってしまいますが…。

さて、このような状況であればさほど気にはなりませんがムカつくのはそれを目指してサングラスを着用する、勘違い野郎の存在です。

彼らは、サングラスをかけている自分がマジでイケている…強くなっている…と思い込みます。

確かに、似合っていなくてもサングラス姿は威圧感があります。

怖いですよね、そんな人が近づいてきたら。

急に自分が強くなったような気分になるため、勘違い野郎たちが調子に乗ってしまうのです。

二度とこんな事件を起こさないために

“サングラスをかけている勘違い野郎は確かにムカつく。しかし、人の勝手ではないか?”と思った人たちもいるでしょう。

しかし、このイキりが人の迷惑になったとしたらどうでしょうか?

アナタは黙っていられるでしょうか?

例えば2019年8月に起きたあの有名事件。

茨城県の常磐道であおり運転をしていた宮崎文夫被告とその連れのガラケー女の一件です。

理解できないあおり運転をし続けて多くの被害者を出していたゴミクズでしたが、彼はガッツリと高そうなサングラスをしていました。

もちろん、ガラケー女もです。

ニットキャップにでかいサングラス、強めの口調の関西弁。

もう、ほとんどヤクザでしょう。

そんな人に因縁つけられたら怖くなるに決まっていますし、こちらに非がない分恐ろしさも倍増です。

ただ、結局コイツらは馬鹿なのですぐに捕まり、1月1日には愛知県でもあおり運転をしていたとして再逮捕されてしまいました。

罪に罪を重ねたこのクズが死刑だったとしても、誰も悲しむことはないでしょう。

また、逮捕された姿を見ましたか?

もみあげはテクノカットで薄っすい頭髪、顔も全然普通のオッサンです。

それが、サングラスをかけたら急に威圧的になることをわかっており、悪さをし続けたのです。

ただサングラスをしている人が嫌いなわけではない

クソガキや勘違い自称モデルなどがサングラスをかけて闊歩しているのは、別に管理人はイヤでもなんでもありません。

いずれ、勝手に恥ずかしさに気がつく日が来るからです。

しかし、宮崎文夫被告などこういった悪魔たちは、一度刑務所にしっかりと入らないと理解ができません。

いや、またやってしまうでしょうね。

個人的に考えているのですが、サングラスは何らかの仕事をしている人だけにしてほしいです。

もう、試験制度をつくってもいいくらいですよ。それはあんまりか。

メガネをかけてオシャレになろう!

今、世の中にはとてもオシャレなメガネが存在しています。

そのメガネをかけるだけでぐっとオシャレになれるのですから、威圧的になるのではなく頭をよさそうに見せた方が100倍良いでしょう。

ちょっと長いですが、ブラックの皆さんは「サングラスをかけている勘違が野郎が嫌いな人でも借りれる個人融資優良サイト」を利用してオシャレなメガネを購入してください。

5万円くらいであれば即日融資されるでしょうね。

犯罪を助長するサングラスは禁止!

「サングラスをかけている勘違が野郎が嫌いな人でも借りれる個人融資優良サイト」にアクセスしてみてください!

まずはお金に困ったらここから借りてみよう!