まずはお金に困ったら、ここの個人間融資でお金を借りれる可能性が高いです。ダメ元でも一度審査に出してみると良いでしょう。

欲求を止めろ!金を儲けて何か意味あるんか?

このコロナウイルスで皆さん大変だと思います。

もう僕はお金のことを考えません。

毎日、金、金、金。

もう、頭がおかしくなりそうです。

昨年で言えばチュートリアル徳井さんも税金未納で捕まってしまいましたが、それは全てにおいて「金」に縛られていたからです。

金がないと何もできないという資本主義の概念に騙されず、日本人ならば自分の体を使った生き方をしていくべきですね。

金があったら何ができる?

さて、我々は金があったら何ができるのでしょうか?

食べ物が買えます。

家に住めます。

とりあえず服が買えたり、いろいろな娯楽を楽しむことができます。

しかし金がたくさんあると金があるからできることがグレードアップし、さらに依存性のある何かしらの娯楽も楽しめるようになります。

つまり、自分が欲しいものが全部手に入るわけですね。

それを考えたら、金に縛られない…ということはほとんど不可能。

毎日、金のことを考えて自分の欲求を満たすための日々を続けてしまうのです。

仕事もそうです。

お金を手に入れる為に仕事をしています。

お金を手に入れない仕事は矛盾が生じます。

僕たちはボランティアではありません。

収入が無いのにボランティアで生きて行くことは不可能です。

スーパーボランティアのおじいさんが話題にもなりましたが、あの方は年金があり今まで若い時に仕事で得た貯蓄もあるからボランティア活動で生活ができているのです。

僕たちは本当にお金や物が欲しいのか?

さて、しかしここで問題が起きてきます。

僕たちはそこまでして本当に欲しいものがあるのでしょうか?

美味しい食べ物を食べたら幸せですが、仮に食べられていない今の状況を恨んで身投げしようとは思わないでしょう。

さらに、極上の美男美女を抱きたい抱かれたいと思って手に入って満足でしょうか。

恐らく飽きると思いますし、そもそも365日24時間セックスしたら我々は死にます。

腹上死です。

そして今それらができない状況であっても、身投げはしませんよね。

家だって広くてオシャレなところがいいと思いますが、そうでない人たちは死ぬべきなのでしょうか。

冷静に考えたら、別に要らないものばかりだったりするのです。

パチンコや競馬、競艇などは欲しいのではなく依存です。

依存症ですので、それらが無いところにいけば自然と気持ちは収まります。

まぁ、戻ったらまた再発しますが、無ければやらない…という意味ではそこまで人生に必要なものでもないわけです。

本当に我々は、何のためにお金をそこまで稼ごうとするのでしょうか。

お金に困ったブラックは立ち止まるべき

そもそもお金に困っているブラックは立ち止まるべきです。

そして、そこで考えてみるべきです。

「オレ、なんで金を借りてたんだろう…」と。

冷静になるとわかりますが、本当にあの時に借りた金で得たものはありません。

あるとしたら、こうやってブラックたちに解決策を指南したり、ブラックでできた友人たちくらいです。

まぁ、人脈は財産ですが、それでも本当は出会わなかった方が良い人生だったのかもしれませんね。

とにかく、ブラックは立ち止まって考えるべきです。

我々は、本当に無意味な欲求に振り回され過ぎではないか、と。

とはいえ、金が無いと生きていけませんからね。

そんな方は、ブラックでも手軽に借りれる個人間融資をお使いください。

まずはお金に困ったらここから借りてみよう!